忍者ブログ
ほんとに雑記帳です。
[42] [41] [39] [38] [37] [36] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「リーマン・ブラザーズ、AIG、メリルリンチ…。米国を代表する金融機関が相次いで破綻・救済措置に陥り、ウォール街は1929年の大恐慌以来の大パニックに陥った。世界の金融市場に大きな影響をもたらし、株価下落も収まる気配を見せない。世界の金融市場に大きな影響をもたらし、株価下落も収まる気配を見せない。最新の状況を追うとともに、この混乱をもたらした犯人の1人といえる「投資銀行」の存在を検証した」(9月22日 毎日新聞 週刊エコノミスト編集部・緒方欽一)


あきれてものが言えない、いや、書けない(と言いながらも、書き続けるが...)。どうして記者というのは物事の本質がまったくみえないのであろうか?


上に引用した記事では、最近の株価の乱高下の「犯人の1人」が投資銀行だというのである。この記者はサブプライムローンが何か全くわかっていない。だからサブプライムローン問題が何か、一切わかっていない。


サブプライムローンとは、信用力が低い個人を対象としたローンのことである。そして、サブプライムローン問題とはこのローンの延滞率が非常に高くなってきたために起こったことなのだ。


思いっきり平たく書くと、お金を借りた人間がお金を返すという人間として全く当たり前のことさえもやっていないという異常なことなのである。


したがって、犯人はサブプライムローンの借り手であり、被害者は投資銀行なのである。犯人ではない。(さらに、金融市場に大混乱が起きたから、サブプライムローンの借り手以外の人は全て被害者)


第一、いったい何の犯罪犯したというのか?緒方欽一が投資銀行を犯罪者呼ばわりしていることは許されていいことのか?


感情的な人間は、借り手はふつう個人であり、立場が弱いというだけで一切無視し、貸し手が悪いと決めつけてしまう。日本のバブル崩壊の時も、一方的に「貸し手責任」だけが問われ、「借り手責任」は一切無視され被害者扱いされていた。本来、正しいか悪いかに、立場の強弱は一切関係ない別問題である。


「借りたものを返さない」という問題が発生した時に、「貸した方が悪い」と言うことが正しいのだろうか?こういう記事を書く人間にはこの世の森羅万象の全てがわかっていないのだろう。自分が何を言っているのかさえわからないのだ!


1582年、織田信長(立場が強い、投資銀行に相当)が、本能寺で明智光秀(立場が弱い、借り手に相当)に自刃に追い込まれた(サブプライムローン問題に相当)。織田信長の死により、後継問題が発生し、内紛が起こり、天下が乱れた(金融市場の大混乱に相当)。


天下が乱れたことが、織田信長の死に端を発したからといって、天下の混乱の「犯人」の一人として「織田信長」をあげる馬鹿がどこにいる。犯人は、明智光秀である。ほかにはいない。(ただし、明智光秀の背後に真犯人がいたとするさまざまな説はある)


しかし、あきれたのは、この毎日新聞の記事を書いた人間だけではない。9月22日放送のムーブ!(朝日放送 月~金 午後3時49分から)で政治アナリストの伊藤惇夫氏はこんなとんまなことを言っている。


(リーマン・ブラザーズの破綻に関して)「金で金を儲けるというのは本来おかしいんですよ」


何を言っているのかわかっているのだろうか?これはお金を貸して、利子をとってはいけないと言っているのである。銀行制度がなかったら社会がどうなってしまうかわからないほど社会を知らないおぼっちゃまなのである。こういう人間は「働いたことのない」人間だ。履歴書の職歴の欄にいくら記載できるネタがあったとしてもこういう人間は「働いたことがある」とは言わない。「金で金を儲けるというのは本来難しい」のである。


ちなみに、wikipediaによると、この程度で「アナリスト」どころか2004年現在で学習院大学、明治大学、日本大学、大東文化大学の非常勤講師様だそうだ。最近は学生のレベルを大学が云々しているが、教える方のラインナップがこれでは学生のレベルなどどうでもいいことだろう。


 





拍手[1回]

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント広告
忍者アナライズ