忍者ブログ
ほんとに雑記帳です。
[39] [38] [37] [36] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「農林水産省は11日、豊作で過剰になっているキャベツの緊急需給調整を実施すると発表した。全国農業協同組合連合会(全農)などが9月中旬に全国で7145トンの出荷を停止し、学校給食用や飼料用としての有効利用を探る。活用できない分は廃棄する。

 キャベツは今年7月中旬から安値が続き、最近の東京中央卸売市場では1キロ当たり50円台と、平年より3~4割安い水準に低迷。一方、原油高などで生産・流通コストがかさみ、出荷しても赤字になる農家が増えている。

 野菜の需給調整は、かつては産地で廃棄する方式だったが「もったいない」との批判が高まり、まず有効利用を図る方式に昨年4月から改められた。今回は新制度で3回目の実施。農水省によると、今年2月には大根・白菜計1730トンが対象になり、うち約285トンが堆肥(たいひ)の原料などに活用された。8月には大根310トンが対象になり、一部は加工用や福祉施設向けになった。【行友弥】」(9月11日 毎日新聞)


あたりまえのことだろう。農家は日本国民のために犠牲になって農業を営んでいるのではない。莫大な補助金を日本国民の皆様方からいただいて養っていただいているのである。それにもかかわらず、需給調整で食べ物を廃棄処分にすることなど一片たりとも許されていいものではない。どうして「活用できない分は廃棄する。」などということが許されるのか。知恵を絞って活用法を考えるか寄付すればいいのだ。


日本は農業を保護しているのではない。零細農家を保護しているのである。規制によって大資本が参入しにくくしているのである。本当は、ハイポニカ農法などのテクノロジーで日本が「世界の食料庫」になることだって夢ではない。すぐに、日本の国土の狭さを指摘する馬鹿がいるが、そんなことは関係ない、全くの勉強不足だ。土そのものが食物の成長にとって制約であることはとっくの昔にわかっていた。遺伝子組み換えなど必要ない。


零細農家の保護をやめて、零細農家を転業させ、真っ当に働く道を選ばせれば、みんなが幸せになれるのである。それを市場原理を邪魔する規制によりゆがめているのである。このような規制がどれほどの害悪をまき散らすかは、以前書いた記事「夕張市とエネルギー政策-日本国民は夕張市をどれだけ助けたか」(
http://bloquenote.blog.shinobi.jp/Entry/26/)に書いたとおりだ。


たとえ一片でも廃棄した農家は厳罰を科すことができるように刑法を改正すべきだろう。安易な廃棄を許すから農家はちっとも工夫をしないで補助だけを求めるのである。

 





拍手[0回]

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント広告
忍者アナライズ