忍者ブログ
ほんとに雑記帳です。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以下は、情報公開法により公開された、FBIの「秘密」文書である。この文書は、FBIのホームページから誰でも簡単に入手することができる。この文書に限らず大量のUFO関連文書が公開されている。


以下の文書の(xxxxx)の部分は、黒塗りにされていて判読不能である。


DATE: 6/8/67
TO: DIRECTOR, FBI
FROM: SAC, MIAMI
SUBJECT: xxxxx INFORMATION CONCERING


1967年6月8日
FBI長官宛て
発信者 マイアミ支局長
件名 xxxxx 情報関連


A review of the Miami indices revealed information reflecting subject appeared at the Miami Office on July 24, 1959, and volunteered to return to Austria as an intelligence agent.


マイアミ支局のインデックスの再調査によって対象者を示す情報が明らかになった。この対象者は、1959年6月24日にマイアミ支局に現れ、スパイとしてオーストリアへの帰還を志願した。


His expressed motivation was to do something to repay the debt he felt he owed the United States.


彼が表明した動機は、彼が合衆国に対して負っていると感じている恩義に報いるために何かしたいということであった。


He was afforded the Washington, D.C. Headquaters adddress of the Central Intelligence Agency and told his inquiry should be directed xxxere.(xxxは1文字判読不能)


彼には、CIAのワシントン本部の住所が提供されて、取り調べが指示されるべきであると話した。


Also, on July 4, 1961, he appeared at the Miami Office and gave an incoherent story of recently meeting an individual  who asked him to kill his mother. xxx appeared to be somewhat bewildered and continuously gazed away from the interviewing Agent.


また、1961年7月4日、彼はマイアミ支局に現れて、最近、彼に彼の母親を殺すよう頼んだ人間との出会いについてのまとまりのない話をした。xxxは、いくぶん当惑しているようにみえ、ずっと、面接している捜査官から目をそらしていた。


During his most recent visit to the Miami Office, xxx seemed genuinely concerned about the existence of object he allegedly photographed during November, 1944.He exhibited no emotional nor mental disorder and appeared to be rational.


xxxの最近のマイアミ支局訪問中、彼は自身が1944年11月に撮影したとされる物体の存在に本当に関心があるようにみえた。彼は、感情を表に出さず、精神疾患の様子もなく、理性的であるようだった。


In view of recent publicity afforded UFO sightings, some apparently by responsible sources, this information is submitted to the Bureau for consideration of transmittal to the U.S. Air Force.


最近の利用可能なUFO目撃情報を考慮すると、いくつかは信頼できる情報源によるもののようにみえ、この情報は、空軍への送達も考慮してFBI本部へ提出されるべきである。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------
 

ここまでは、FBIからCIA本部へ送られた文書の送付状のようなものである。以下に、2ページ分のUFOに関する情報と1ページ分のUFOの写真(といってもすごく単純なイラストに見える)がある。


もともと、この文書は、どうやら本部から謎の人物xxxxについての照会があり、それについての回答として送付されたものと考えられる。なぜならば、本文1ページ目の上部に"RE xxxx INFORMATION CONCERNING"とあるからだ。
 


-------------------------------------------------------------------------------------------


On April 26, 1967, xxxxx Miami, Florida, appeared at the Miami Office and furnished the following information relating to an object, presently referred to as an unidentified flying object, he allegedly photographed during November, 1944:


1967年4月26日、フロリダ州マイアミxxxxxxxxは、マイアミ支局に現れて、現在UFOとして紹介されているある物体に関する次の情報を提供した。彼の申し立てによると1944年11月に写真撮影したという。


Sometime during 1943, he graduated from the German Air Academy and was assigned as a member of the Luftwaffe on the Russian Front. Near the end of 1944, he was released from this duty and was assigned as a test pilot to a top secret project in the Black Forest of Austria.


1943年のあるとき、彼はドイツ航空専門学校を卒業し、ドイツ空軍のロシア戦線に配属された。1944年の終わりに、彼はこの任を解かれてオーストリアの黒い森で最高機密の計画のテストパイロットに任命された。


 During this period he observed the aircraft described above.It was saucer shaped, about twenty-one feet in diameter, radio controlled and mounted several jet engines around the exterior portion of the craft. He further described the exterior portion as revolving around the dome in the center which remained stationary.


この時期、彼は上に述べた航空機を観察していた。それは皿形で,直径およそ21フィート,無線操縦で,航空機の外部にいくつかのジェットエンジンを備えていた。彼はさらに、外縁部は静止している中央のドームの周りを回転していると述べた。


 It was xxxxx responsibility to photograph the object while in flight. He asserted he was able to retain a negative of a photograph he made at 7,000meters(20,000feet). A Xerox copy of the negative, as furnished by xxxxx, appears on the last page of this communication. Also, a still photograph he allegedly made "at the risk of my life", illustrating the object parked in a hanger, appears on the the last page.


彼の任務は飛行中の物体の撮影だった。彼は、7000メートルの距離で撮影した写真のネガを保有することができたと断言した。xxxxxによって提供されたネガのコピーはこの通信の最後のページに掲載される。また、彼の申し立てによると「命の危険を冒して」撮ったという格納庫に駐機している物体が描かれているスチール写真も最後のページに掲載されている。


According to xxxxx the above aircraft was designed and engineered by (First Name Unknown) xxxxx, a German engineer whose present whereabouts is unknown to him. He assumed xxxxx was taken into custody be Allied Forces upon the termination of hostilities. xxxxx stated xxxxx unsuccessfully attempted to avoid the German draft, but was apprehended by the Gestapo in Vienna, Austria, sometime during late 1943 or early 1944. xxxxx  also assumed the secrets pertaining to this aircraft were captured by Allied Forces. He said this type of aircraft was responsible for the downing of at least one American B-26 airplane. He furnished the following fuel and engine data:


xxxxxによると、上述の航空機は、ドイツ人技術者xxxxx(ファーストネームは不明)のよって設計された。このドイツ人技術者の行方を彼は知らない。彼は、このドイツ人技術者が連合軍によって戦争終結まで拘禁されたと推測している。xxxxxはxxxxxがドイツの召集令から逃れようとして失敗し、1943年後期から1944年の早期のどこかの時点でオーストリアのウィーンのゲシュタポに逮捕されたと述べた。xxxxxは、また、この航空機に関する機密は、連合軍によって獲得されていると推測した。少なくとも、アメリカの1機のB-26の撃墜は、この型の航空機によるものだといった。彼は、次のような燃料とエンジンについてのデータを提供した。


".... Fuel mixture of N
2H4O in Methyl Alcohol(CH3OH) rather than 'oxygen-holding' mixture of hydrogen peroxide H2O2 in water. 7m 1.3m high two rocket motors; smooth flow, rotary drive over 2,000 meters per second ...."


xxxxx said he copied this data from a board located in the hunger area.


xxxxxは、このデータを格納庫のボードから写したと述べた。


xxxxx asserted he was shot down by the British on March 14, 1945, after having been reassigned to the Western Front. He was held prisoner by the British in London after later in Brusseles untill his release in 1946. He departed for the Untied States from Bremerhaven, Germany, on December 26, 1951; entering the United States in New Jersey on January 7, 1952, and was subsequently naturalized in Miami during 1958. He is presently employed as a mechanic at Eastern Airlines, Miami, Florida. He related he was born May 3, 1924, in Austria.   


xxxxxは、西部戦線に配属された後、1945年3月14日に英軍に撃ち落とされたと主張した。彼は英軍によって、1946年の釈放まで、はじめはロンドン後にブリュッセルで捕虜となった。彼は、1951年にドイツのブレーマーハーフェンから合衆国に出発した。1952年1月7日にニュージャージーにおいて合衆国に入国し、その後、1958年にマイアミで帰化した。彼は現在フロリダ州マイアミのイースタン航空に機械工として雇われている。彼は自分がオーストリアで1924年5月3日に生まれたと述べた。
 

xxxxx stated he was withheld this information because he assumed the United States possessed it. He has become increasingly concerned because of the unconfirmed reports concerning a similar object and denials the United States has such an aircraft. He feels such  weapon would be beneficial in Vietnam and would prevent the further loss of American lives which was his paramount purpose in contacting the Federal Bureau of Investigation (FBI).


xxxxxは、この情報が公表されていないのは、アメリががそれを有しているからだと推測している。似たような物体についての確証のないレポートや合衆国がそのような飛行機を持っていることを否認していることが彼の関心を深めさせた。そのような兵器は、ベトナムで有益であり、彼がFBIにコンタクトした最高の目的であるアメリカ人の命のこれ以上の損失を防ぐだろうと感じている。


xxxxx reiterated he has the original negatives of both photographs. He said the shots were taken at a thirty second time exposure.


xxxxxは何度も2枚の写真のオリジナルのネガを持っているといっている。彼は,30秒露出だと言っている。


This document contains neither recommendations nor conclusions of the FBI. It is the property of the FBI and is loaned to your agency; it and its contents are not to be distributed outside your agency.   


この文書は、FBIの推奨や結論は含んでいない。これはFBIの所有であり、あなた方のエージェンシーに貸し出すものである。文書もその内容もあなた方のエージェンシーの外に漏らさないようにする義務がある。


------------------------------------------------------------------------------------------


xxxxxの証言そのものが信じがたいが、明らかに彼の憶測にすぎない箇所は青文字にしてある。

 

UFOの正体がナチスの開発した秘密兵器であるとする説は、昔からあるが、少なくともFBIはその可能性もあるとは思っていたようだ。(無論、断定はしていない)


確かに、第二次世界大戦時にナチスは、世界初のジェットエンジン機ハインケルHe178(1939年)や世界初のロケット飛行機He176(1939年)、世界初のジェットエンジンを搭載した全翼型戦闘爆撃機(1944年)を開発している。(ただし、これらの情報源は、すべてWikipediaだから割り引いて考えなくてはならない)


これらのことからすると、謎の人物xxxxxが主張するような円盤形のジェット機ないしロケット機があってもおかしくはなかっただろう。


ただ、よくある目撃証言のUFOは、無音か静音だ。このUFOのような複数のジェットエンジンを搭載した機体でそれができるのだろうか。


彼の証言によると20才の時に最高機密計画のテストパイロットになったとある。1944年といえば、既にナチスドイツは敗色の色が濃かった。ロンメル元帥がヒトラー暗殺に関与したと疑われた件で自殺させられている。しかし、9月には、連合軍のマーケット・ガーデン作戦(1977年の映画「遠すぎた橋」で有名)が失敗し、12月にはアルデンヌ攻勢(有名なバルジ大作戦)が始まった時期で、ナチスドイツの統制はとれていたはずだ。


その時期に、若いテストパイロットが、「危険を冒して」、秘密兵器の写真を撮ったり、機密情報のコピーをとることができたのだろうか?


彼の証言通りだと、最高機密に関与した人間をいとも簡単に西部戦線に送り出している。これでは、秘密を漏らしてくれといっているようなものだ。


 

拍手[0回]

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-
忍者ポイント広告
忍者アナライズ